シムズ3のプレイ日記でもつけようと思います。
スクリーンショットを撮ると自分なりにまとめてみたくなりました。
自己満足ブログですが、ゲーム内の有益な情報を書いていけたらと思います。
Twitter
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
シムホイホイその2
シムホイホイNO.2:【魔法の鏡】

すみません、だ〜いぶあいてます。
下書きは前回の後に作って放置していたという・・・

そうそう、大して更新して無いのに昔の記事見直してました。
どんだけ顔酷いんだろうかとか・・・ま、いっかw
シムホイホイその2いきます!!!

ジャック「イメチェン!イメチェン!!」
魔法の鏡「ふぉっふぉっふぉwワシがお前をイカした格好にして差し上げようではないか!」


きらりらり〜ん!☆
魔法の鏡「ふぉっふぉっふぉ!ほ〜れこれでお前もお城のパーティに行けるぞ!」
何でしょうお城のパーティって・・・シンデレラじゃあるめぇし・・・


魔法の鏡で大変身・・・
ジャック「今日の俺はなんか違うぜ!!」


ジャック「っしゃ〜!!ベッドメイキングするぜ!!」
いつもした事ないのに・・・鏡の影響では無いと思いますが(笑)


ジャック「ご注文はホットドッグっすか〜!?」
どこから取り出したのwww
相変わらずこの人よくわかりません!


ジャック「お城のパーティで可愛い幽霊ちゃんと踊ってくらぁ!!」
何回イメチェンするんだお前は・・・
結構、魔法使いシムがホイホイされるようです。


ビアンカ「お城のダンスパーティですって?!こ〜のバカ息子!!あんたはゾンビと踊るのがお似合いよ!」
ジャック「何言ってんだこのクソBBA!!!ってあっちぃ!!折角のイメチェン服が燃える!」
ごめんなさい、兄貴の口が悪すぎで・・・そして画像サイズが何か小さいです。
ゾンビも幽霊もどっちも同じような気がするけど・・・

母上もイメチェンしてました。
って・・・赤いドレスwww
ビアンカ「私もイメチェンしてお城の王子様と踊るのよ!」
ジャック「今の言葉、オヤジに言ったろ〜!」


ジャック「ってか、母ちゃん何その赤いの。うぇっw」
ビアンカ「煩いわね!!あんただって髪赤いじゃないの!」
ジャック「うっせぇよ!誰の遺伝子だと思ってんだ!!」
ビアンカ「メルの・・・遺伝子・・・」
父上そんなに赤く無い気がするorz


ビアンカ「ふふんw私の勝ちよ!!」
ガッツポーズで上機嫌な母上。
でもその赤いドレスはちょっと・・・


ジャック「ま〜け〜た〜!!!」
魔法使いのバトル好きですw
何が勝敗を分けたのかは分かりませんが、母上の方が魔法のスキル低かったと思うんですが!
スキルに関係ないんでしょうかね?


ビアンカ「二人はプリ○ュアラブ
ジャック「母ちゃんはババキュアだろ?」
ビアンカ「ちょっと!!!後で覚えておきなさいよ!!」
この後兄貴はボコボコにされます。


そんなんでシムホイホイ終了。
また思いついたら書きます。

そろそろバナーを作って、リンク貼ってくださっている方の
リンクページを作りたいと思っているのですが
なかなか時間がなくて・・・今年こそ頑張る!!!
シムズ3 ムーンライトフォールズ : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
シムホイホイその1
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

!?


ジャック「ぶへぇぁああああああwwwwww」


久しぶりの更新です。
ジャック「まじめにやらんか!!ドアホ!!」
へいへい・・・ぼちぼち頑張るよ〜・・・・。

ブログ用?のデータを開いたら、ど〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!と空から何か降ってきました。
親方!!!空からゾンビが!!!

いいえ、違います。ゾンビも沸いていますが、イントゥー・ザ・フューチャーのタイムマシン
みたいな奴が、玄関の前に降って来ました。邪魔すぎます!!!
大学の入試セットのバケツまで置いてある・・・我が家はゴミ捨て場か!!
まぁ、しばらくは使うことがないでしょう。


さてさて、ダラダラ開いていたら、やたらと吸引されるブツがあったので
それについて適当に書こうかな・・・

吸引アイテム!私はそういった物を「シムホイホイ」と呼ぶ!!

シムホイホイNO.1:【クレーンゲーム】
って早速なんかやってる。
クレーンゲーム!!!多分スーパーナチュラルで追加された奴?
これは妖精さんのチートですね。光ってる色からして犯人は・・・


犯人は・・・
って現金袋とか掴んでるし・・・


弟・・・・。
私はそんな悪い子に育てた覚えは無いわよ!ってビアンカさんが叫んでそうです。
アルヴィング「現金袋ゲット!儲けものだね!」
おい・・・寝巻きかい!!


メルヴィン「アル!お前こんなものばかり集めてどうするんだ?」
アルヴィング「父さん、集めてるわけじゃないよ。息抜き息抜き!」
メルヴィン「しかしチートとは感心できんな・・・」


いや・・・息抜きじゃないでしょ!
弟が今まで集めたコレクション・・・。所持品にもまだ入っています。
こいつクレーンゲーム中毒者だと思います。


メルヴィン「どれ・・・私にもちょっとやらせてみなさい。」
アルヴィング「・・・って父さん・・・。」
こらオヤジ!!あんたもチートかよ!!


メルヴィン「ふぅ・・・これは楽しいな。」
アルヴィング「でしょ?」


アルヴィング「今度は僕の番だからね!!」
どうしようもない妖精たち・・・(笑)
何故かクレーンゲームにホイホイされるのは妖精ばかり・・・。


父上、ヴァンパイアのベアをゲット!!
メルヴィン「なかなか愛嬌があるな・・・家につれて帰ろう。」


勝手に遊ぶのは妖精だけみたいな気がします。
チートは使えないけど、他のシムも遊べます。
ジャック「化け物の人形が欲しい・・・」


呪われたノームを吊り上げる兄貴。
アイコンの幽霊と容姿は似ていますよね?


ジャック「戦車!戦車!」
ガキかお前は!!!


ビアンカ「あんた・・・その歳でそんなの欲しかったの・・・?」
ジャック「うっせぇBBA!!」


ちなみに取り損ねたバージョン。
ジャック「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!」


ジャック「くそがぁぁぁぁぁ!!!」
なんか兄貴がが吊られているように見えるのは気のせい・・・。


ジャック「俺の100シムオリオン返しやがれ!!!」
いや、お金入れてるところ見たこと無いんですけど・・・(汗)


その2へ続きます。
ジャック「続くのかよ!!」
おう・・・続くぜ。
シムズ3 ムーンライトフォールズ : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
君は何を釣る・・・?
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

前回兄貴によって作られたクローン世帯。好評(?)につきまた彼等にクローズアップ。
チビジャックと幼稚マジシャンでプールへ遊びに行った模様。(行かせたんだ)

ジャック「何だこのモン○ターボール・・・」
どうみても私にはこれがモン○ターボールにしか見えない・・・・


幼稚マジシャン「さっかな〜♪さっかな〜♪釣れるまで帰ってくるなって言われたんだ。」
おい、ふざけんな〜!!!!!


チビジャック「ね。ちょっとそこのマジシャン。何考えてんの?!」
幼稚マジシャン「え・・・?だって魚捕って来いって兄貴が言ってたじゃん。」


チビジャック「おまえ〜!!!プールで魚なんて釣れるわけ無いだろ!!!」
幼稚マジシャン「だって、スキル上がるよ?」
チビジャック「そうかもしれないけど、釣れるわけないだろ!!バカか!」
アイコン消してありますが、釣りスキルあがります!
公共の場でこんなことして恥ずかしくないのか・・・というか出禁だと思うんですが。


幼稚マジシャン「でも楽しいし〜!魚は連れなくても可愛い女の子とか釣れるかもしれないし〜!
チビジャック「も〜・・・俺より子供じゃん!!」
シム「そこの君たち!!」


チビジャック(ほら・・・女の子なんて泳いでないだろ。)
幼稚マジシャン(やっべwおっさんwww)
シム「そっくりだけど、兄弟なの?てかお兄さんこんなところで釣り?」


チビジャック「はぁ〜!?おじさんどこに目付けてんの?兄弟?こんなバカ知らないし!」
幼稚マジシャン「バカとは何だばかとは!言わせとけばこのチビ!」
チビが凄い顔してた・・・・。


チビジャック「も〜!やってらんね〜よ。俺、先に帰るからな!」
うん。一緒に居ると恥ずかしいから私も帰るわ。

この時チビは帰ろうと必死でした。(笑)
しかし・・・事件が起きる。

バタンっ・・・・・
「お〜い!人が倒れてるぞ〜!」
「あらやだ・・・救急車呼んだほうがいいかしら?」


チビジャック「ちょっと!どうしたんだよ!お前昨日夜更かしして
ウサギの縫いぐるみ車みたいにして遊んでたからか!?寝不足だったのか?!」
幼稚マジシャン「・・・うぅっ。」
幼稚特質のあれ好きですw縫いぐるみを車のように動かすアクション・・・・w


チビジャック「しっかりしろ!今起こしてやるからな!」
幼稚マジシャン「・・・ち・・・違うんだ・・・・。」


幼稚マジシャン「・・・・お化け・・・恐い・・・。」
チビジャック「!!!ふざけんなよ!!シニさんに連れてかれちまいな!!!」
幼稚な上に臆病特質でした(笑)


チビから大ブーイング食らってました。
臆病特質って大変だね。バタバタ倒れるし、ヒルダさんにもビビッて逃げ出すし。
あ、父上もそうか。
でも、幼稚特質は鏡で遊んだりして結構楽しいんですがね。

おわり。

またボチボチとブログ頑張ろうかなw
勢いに乗ってTumblrのほうも適当に投稿しておきました。
良かったら覗いてみてください。いつもの調子ですが。
クローン世帯 : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
友達たくさん出来るかな?
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

スーパーナチュラルのエリクサー。
クローンドローンで遊んだ時の話です。
Tumblrにもかなり前にあげたけど、画像差し替えです。

ジャック「何で俺がエリクサー作らないといけねーんだよ!アルにやらせろよ!」
文句言わない!魔法使いシムはエリクサー作りのスキルが上がるの早いとか書いてあったから・・・
弟のほうは、妖精なので園芸専門!


ジャック「よし、できたぞ!上出来上出来〜♪」


さ、使わせてみます。もちろんセルフで・・・・
ジャック「・・・なんで俺なんだ・・・」


ガシャ―――――ン!!!


うわ・・・。
なんか出たwww


ジャック「成功じゃね?!」


こらこら・・・なんでハート飛ばしちゃってんの!!
特質見たら、全く同じでした。
他にも試したんでですが、ちょっと違う子もいるようです。
ジャック「よう!兄弟!明日からお前が仕事しに行けや!」


「はぁ?お前が行けし!あっかんべーwww」
うわ・・・同じの二人いると気持ち悪いwwww


アルヴィング「・・・で?」(怒)
ジャック「・・・。」(汗)


「ねーねー!兄ちゃんたち、俺腹減ったんだけど〜!食いもんねぇの〜?」
アルヴィング「・・・何あのティーン・・・・。兄貴そっくりなんだけど。」
ジャック「隠し子です・・・」


アルヴィング「背後の気持ち悪い赤毛集団は一体何なの?」
ジャック「これには色々と理由があってだな・・・」
アルヴィング「母さんに報告しようか?w・・・兄貴がまたバカなことしでかしたって。」

特質もいじりました。
適当な名前で呼ぶ。左から・・・
・幼稚マジシャン
・チビジャック
・ビーサンヴァンパイア(見えませんがビーチサンダル履いてます)
・腐った羽の中二病妖精

自分的ツボだったのは思慮特質をつけたヴァンパイア・・・
ビーサンヴァンパイア「考える・・・という事の意味を考える!!」
ジャック「バカかお前・・・日に当たると焦げるぞ。」


やばい・・・。
誰が誰だか良く分かりません(笑)
もう、誰でもいいですが・・・


普通作りませんよね。
同じシムのクローンを何人も・・・

このクローンたちは別データに分けました。
見ていて面白いですけど、こんなに居られても困るし。

カテゴリーもクローン世帯ということで分離しました。
気が向いたときにブログに上げます。
クローン世帯 : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
火消しの魔法使いズ
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

久々のちゃんとした投稿になります(笑)
自分にとっては結構前のSSになりますが・・・かなり今見ているシム達とスキンが違うなぁ・・・
と、改めて実感中・・・・。
ぼちぼちがんばります!

ビアンカ「ふっ・・・私がこんな格好になってしまったのは数時間前に遡るわ・・・」
ぷっ・・・黒焦げになると、はっきり言って誰が誰だかよく分からなくなりますよね。
もう誰でも良いですw


〜数時間前〜
ごぉぉぉぉお・・・・
区画内で家事が起きたとかメッセージが出て、画面が切り替わったらご覧の有様でした。
ビアンカ「今日の私は黒こげスタイル・・・」


ジャック「かーちゃん何が黒こげスタイルだよ。はよ火消せや!」
メルヴィン「ひぃぃぃ・・・私はもうだめだ〜!!!」
そうそう・・・父上臆病者でしたね。いきなりバッタリ倒れたので笑いました。


ビアンカ「あんたこそ何その格好!!!」
そうそう・・・白タキシードとか笑ったwwwww
私は何もいじっていないので、魔法の鏡によるイメチェンだと思います。
てか、母上の顔がヤバ過ぎる・・・・↓


アルヴィング「格好なんてどうでも良いから、早く消して〜!」
↓お前もやれ!!!


ビアンカ「こんなこともあろうかと、消火器を隠し持っていたのよ〜!おりゃ〜!」
いやいやいや・・・そんな格好になってどこに収納していたんですか!


ジャック「母上・・・一つだけ言わせて頂いてもよろしいですか?」
ビアンカ「こんな時に何?!」
お〜!!!なんか最終決戦状態で格好良い後姿(笑)


ジャック「あんた!魔法使いだろ!!」


ビアンカ「・・・。魔力切れ・・・・」
ジャック「おい〜!!!!」
母上の靴下www


ジャック「ヤケクソじゃ!」
アルヴィング「ちょっと〜!氷弾使いなよ!!」
おい・・・魔法使い・・・。


ビアンカ「ということだったのよね。」
メルヴィン「・・・?私は視界が突然フェードアウトして覚えて居ないが?」


我が家で勝手に火を消しに行ってくれるのは魔法使いだけみたいです。
妖精たちは倒れたり大騒ぎしたり・・・。
指示すれば消火してくれますが、たぶん臆病特質は気絶するから無理でしょうね。

ってか誰が今回の火事を起こしたのかよくわかりません。
火気は無いところだったので、ビアンカが怪しい。


【おまけ】
アルヴィング「母さん・・・お風呂も入らずに寝てる・・・」


翌朝・・・。
まだ風呂に入っていない母上。
シムだけではなく、料理も真っ黒こげでした。


どうでもいいこと。
サイドバーにツイッターウィジェット入れてみたくて、HTMLいじったりなんかしてました。
うっわ・・・頭悪いからマジわかんねーwww
ま、気に入らないところ多々あるけど、いっか・・・
しょーもないツイートしかしてないしw(あほ!)
シムズ3 ムーンライトフォールズ : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
近況
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

アルヴィング「こら!いつからブログ更新してないんだよ!」

 
ジャック「恐らくNewマシンになってTumblr始めたあたりから・・・
ってプレイヤーのカトリーヌとかいうやつがさっきほざいてた。」



パソコンを新しいマシンに作り変えてから、あまりエラーも起きませんし結構MODも入れたりもしはじめました。
前のパソコンの時はよく落ちていたもので。

数ヶ月しか経ってないのに画像古いなぁ・・・と懐かしく思えてくるw
NewマシンにしてからMODが捗って髪型とか目とかスキン(前から使ってたかも)イメチェンしたのでだいぶ印象が変わりました。
兄貴は写真が撮りにくくて少し肌の色を明るくしましたが、二人とも整形はしてないですよ(笑)


なに感動してんだお前ら・・・・。
写真の比率変えました。多分私が画面で見ている比率と一緒。


そうそう。TabキーでのSSの撮り方覚えたのはこの頃からでしょうか。ぐへへっシムに近付けるようになったぜ!(アホ!)

最近なんですが、やはりセールでまたデータセット買ってしまいました。
レイトナイトとユニバーシティライフですね。
ジャック「今更大学?だっりぃっつーの!!」
アルヴィング「まじめに試験受けなよ。」


MarioKireina「最近私の出番が無い・・・」
いや、あんた新たなデータに配置したら、まーた勝手にペットの里親とか始めてますから。
(新しいデータセット入れるときにセーブデータ分けちゃいます。私の場合は。)


パピー「ワシはどこにでも出てくるようだ。」
今日も太陽がまぶしいぜ!みたいな顔されていた。
はい。パピーさんと妖精の一家はお気に入り住人なので、どのセーブデータにもいます。


↓さて、数ヶ月前からTumblrはじめました。(報告遅せぇ!って)
シムノキオク
リンクのところにも貼ってあります。
ブログじゃSS載せるのに容量制限あるしな〜と思って始めただけなのですが、投稿が楽すぎて困ります(笑)
今使っているブログは一度画像アップしてから(ほかの使ったこと無いので)編集してというかんじなので面倒。
今日久々にブログ書いてみて、画像挿入は前よりしやすくなった印象はあるのですが・・・
Tumblrですと、画像選んでさっと投稿が出来るので楽なのです。
他の方の投稿見てるのも楽しいですし。おススメですね。

ブログはブログで良い点はあるんですけどね。
仕事も落ち着いてき・・・てないけど、Tumblrばかりじゃなくて、こっちも更新しないとですねー。

以上近況でした。更新がんばろ。ヽ(・∀・)ノ
雑記 : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
シャン・レ・シムの町から
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

新しいパソコンが絶好調です。
さて、今日はとある魔女と妖精が尋ねて来たようです。
ちょっと長いですがお付き合い下さい。
面倒くさいので台詞の色分けしてません。

「とうとう来てしまったわね。」
「あぁ・・・しかし、どうやってこの豪邸を手に入れたのやら・・・」


「まさか・・・犯罪キャリア?」
「強面のお兄さんとか出てこないよな?」
ちょっと不安そうなお二人。


フレンチフライ「にゃー?」
「あら、かわいい黒猫ちゃん。」
フレンチフライ「こんにちはお姉さん!」
「あっらー!私のことお姉さんですって!かっわいぃー!」
「おいおい・・・お前猫のくせに冗談が上手いな。」
フレンチフライ「水色の羽の妖精の男の人と魔法使いのBBAが来たら、
BBAにはお姉さんって言っとけってジャックが・・・」



BBA・・・w
「BBAって何?」
「BBQの仲間だと思うぞ。」(汗)

ジャック「あるぅ日♪ムーンライトフォールズで♪狼男に・・・・」


ジャック「であーーった・・・!!」
何その替え歌に不機嫌顔・・・

 
「私がチャイムを押そう。ビアンカはなんかあったら魔法で護衛を頼む。」
「分かったわ。メルヴィン。」


お名前判明。魔女がビアンカさんで妖精がメルヴィンさん。
ってかお二人さん!後ろ後ろ。


変なシムが迫ってる。
逃げてー!


ジャック「ガオーーーーー!」
ビアンカ「きゃぁ゛ぁぁぁ!!」


ジャック「おフランスの町、シャン・レ・シムへの長期ご出張はいかがでしたか?
母上父上。」
ビアンカ「ジャック!驚かせないでよ!」



メルヴィン「しばらく見ないうちに大きくなったな。」
ビアンカ「悪戯は相変わらずのようね。」
ジャック「いや・・・アルのほうが酷い」(兄貴の最悪な一日その2:参照
ビアンカ「アルがそんなことするはず無いでしょ。」
メルヴィン(いや・・・するんだなぁ。それが妖精だから)
ビアンカ「てかこの前、昼間から打ち上げ花火で遊んでたでしょ!!飛行機から見えたわ。」
(真昼の花火:参照
ジャック「あれは鳥の群れを追っ払ってたんですー!」


ガチャっ・・・
アルヴィング「ちょっと兄貴!庭で騒ぐなよ!・・・って」


アルヴィング「おかえり!!父さん母さん!」



アルヴィング「連絡くれればパトカーで迎えに行ったのに!」
ジャック「戻ってきたなら連絡しろっつーのな!俺救急車〜!」
アルヴィング「救急車なんて持ってないでしょ!」
警察キャリアって巡回パトカー所持品にしたり乗り回したり、職権乱用ですよね。


ビアンカ「改めまして、ただいまー!」
ぎゅぅぅぅぅ・・・
ビアンカ(BBAって何よBBAってー!!!)
ジャック「かーちゃん苦じぃ・・・(あのお喋り猫め・・・)」
アルヴィング「積る話もあると思うから、中に入らない?」


こちらのお二人、トット兄弟のご両親です。
外国に錬金術の研究で長期出張していました。という設定。

父:メルヴィン・トット
種族:妖精
性格:良い・怖がり・・・他
特技:怖いものを見ると、所かまわず気絶する
職業:錬金術師

シャン・レ・シムという外国の町に単身赴任。
何故かビアンカも後からついてきたから単身赴任とは言えないが・・・
最近帰国。
大学を卒業した息子たちが寮を出た後、ムーンライトフォールズに引っ越して
生活していると聞いていたので尋ねてみることにした。



母:ビアンカ・トット
種族:魔法使い
性格:アウトドア好き、たかり屋・・・他
特技:容赦なく炎弾や氷弾をぶっぱなす
職業:錬金術師

夫が出張に出かけた後、大学に入学した兄弟を寮にぶち込んで送り出し
魔法の箒でシャン・レ・シムへ渡ったという武勇伝がある。
最近は”ほうれい線”とやらを気にしている。
この夫婦が若いのは若返りのエリクサーのお陰。



アルヴィング「父さんたちもう遅いし、今日は泊まって行けば?」
メルヴィン「お言葉に甘えてそうさせてもらおうかな。」
ジャック「なんだ・・・豚猫ミケランジェロもついてきたのかよ・・・」
ミケ「うっせーな!切り裂きジャック!豚じゃねぇ!三毛だ!」
ジャック「相変わらず口悪いな。」
ミケランジェロとは弟の隣にいる三毛猫です。昔から居た母の使い魔。愛称はミケ。
アルヴィング「母さんがワッフル作るっていってたけど・・・変な匂いしない?
僕見てくる。」


アルヴィング「母さん大丈夫?疲れてるんじゃない?」
ビアンカ「えぇ・・・大丈夫よ・・・。」


アルヴィング「母さん?」
ビアンカ「・・・ごめんなさいね。あなた達には寂しい思いをさせてしまったわね。」
アルヴィング「急にどうしたの?」
ビアンカ「久しぶりに会って昔を思い出してしまって・・・」
アルヴィング「何だよー。僕そんなに子供じゃなかったし、
兄貴も居たから大丈夫だったよ!寮生活も楽しかったし!」


ビアンカ「そう・・・。変なこと言っちゃってごめんなさいね!
さぁ、今日はビアンカ様特製のスペシャルワッフルよー!!!」


ジャック「なぁ、かーちゃんと何話してたの?」
アルヴィング「別に?」


アルヴィング「早く食べなよ。久しぶりの母さんの手料理、冷めちゃうよ!」


ジャック「・・・いただきます!」


ジャック「・・・・うっ・・・」
アルヴィング「兄貴大丈・・・?!」


アルヴィング「・・・うっ・・・」


メルヴィン「相変わらずビアンカの料理は・・・・息子たちが
腹を壊さなければ良いが・・・」


ビアンカさんの料理はやばいそうです。
いや、緑の蒸気は古いんだよそれ!

この後男連中がどうなったのかはご想像にお任せします。


【おまけ】
ほんとうはこの髪型を途中で兄貴に使おうかと思ったんですが
なんか爽やかになりすぎたので却下しました。


話の中にシャン・レ・シムとか大学とか出てきますが、ワールドアドベンチャーズや
ユニバーシティーライフは未導入です(笑)
次セールがあったら欲しいです。

我が家のシムたち : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
パソコン環境とかデータ移行とか
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

先週パソコンの組み換えをしましたが
前のPCは電源とPCケースを残してすべてシニガミさんとあの世へ行き新調しました。

前パソコンは5年前くらいに相方に作ってもらったものでした。
調子が悪かったわけではありませんが、XPのサポートも終わってしまうし
某ゲームで画面切り替えた時に、オブジェクトがグレーのポリゴンみたいなの
でてましたし・・・
某種族の羽なんてグレーの四角がバッタバッタしてましたし・・・
保存エラー12とか・・・・


えぇ・・・そうですよ。
快適なかんきょーでシムズ遊びたかったんですよ!!

今回も相方にパーツを選んでもらい、教えてもらいながらがんばって組み立ててみた!
現在の環境がざっとこんな感じです。

【現在のカトリーヌましん環境】
Win7 64Bit
Core i5 4570S@2.9GHz
メモリ8G
グラボ AMD RADEON HD7770


か・・・金が無かったんじゃない。
調べたらi7にしてもあまり性能変わらなかったんだよ。

という必死な何か。

パーツを買ってからシムズやシムシティはRADEONと相性よくないとか
見たんですが、私の所は全く問題ありませんでした。
前PCからパワーアップしすぎたせいか快適すぎて・・・

公式だとGeForce勧めてましたが。
やっぱ開発環境がそうだったんですかねぇ?


さて、データ移行ですがとりあえず様々な方法でバックアップを取っておきました。
シムのデータとか、世帯をカタログにいれたり
公式コミュにアップ寸前でExportにデータを吐き出したところでとめておいたり。
もちろんMODは抜いておきました。

まぁ、色々やったわけですが。
結局面倒くさくなったのと、適当にフォルダ上書きして失敗するのは嫌だったので
世帯のカタログデータだけ移動しました。
マイドキュメント→Electronic Arts→ザ・シムズ3→Librarysですね。

カタログデータは何個か登録してあったのですが
ショータイムとシーズンズを買ったので、新たな町で最初からやりたいなと思い
スーパーナチュラルを始めて間もないころにセーブした世帯でプレイしています。

なので、スキルも全く覚えていないし、貧乏生活!
スキル覚えててお金持ちになってるカタログデータもありますが、あえてやめました。
なんかこっちのほうが料理焦がしたりトイレ壊したり楽しいです(笑)

ブログのほうはしばらくムーンライトフォールズでの生活が続きます。

そのうちショータイムとシーズンズプレイのほうもやっていきたいと思います。

そうそう・・・どこにも載せてなかった。(ここ重要!テストに出るよw)
私のアカウントはCatherine_felzeで検索すると出てくると思います。
お友達募集中です。
ショータイム持ってる方は是非シムポートとかしたいです!

【おまけ】
僕の歌を聞いてー!
(ショータイム)
弟シンガーにしてます。


ちょっと兄貴邪魔!
弟のステージを堂々と横切ってた。
この後バグってショーを終了できずに終了。
ほんとなにやってんだこの人。


ゾンビとおそろかよ!!
(シーズンズ)
そりゃゾンビも傘さすわな・・・



雑記 : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
ホットタブが洗濯機になった日
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

公式コミュニティに確か25枚思い出を共有するともらえるホットタブ。
弟君のお気に入りです。
お風呂みたいな感じなんでしょうが、水着で入ります。

アルヴィング「今日も仕事疲れたなー・・・・」


アルヴィング「もう少しのところで、敵のアジトに侵入できたのになぁ・・・」


アルヴィング「まー・・・仕事のことなんていっかー・・・」
ストレス溜まるでしょうね。国際的スーパースパイは。
スパイとか一歩間違えれば生死に係わりますよね。
って・・・某スパイ映画のイメージ強すぎますかね(笑)

でも、この幸せそうな顔・・・。


バシャバシャさせておきました。
楽しそうです。


って、なんかやってきた。


ジャック「今日も仕事疲れたー!」
アルヴィング「どうせ宿直室で寝てたんでしょ?」

あぁ・・・あなたも別の意味で生と死のキャリアでしたっけ。


ジャック「失敬な!!まじめに働いてたわ!!!」
アルヴィング「・・・・・」


アルヴィング「・・・・・・!?」

やってしまった。
今日満月でしたね。
どうして兄貴は服着て風呂入ったりするんだろ・・・


アルヴィング「ねぇ・・・また動揺してるでしょ?」
ジャック「あぁ?・・・・し・・・してねぇよ!!!!」


アルヴィング「あのさ・・・ここ洗濯機じゃないんだけど・・・」
なんかめり込んでます。


ジャック「何言ってんだよ。満月の夜はゾンビが来るから、服着て入れば襲われても
すぐ逃げられるだろ!!!」
アルヴィング「ばっかじゃないの・・・?」

そういう理由なのか・・・
自分で考えたくせに妙に納得。


アルヴィング「ちょっと!びしょ濡れのまま家上がらないでよね!」
ジャック「じゃぁ箒でひとっ飛びして乾燥してくる。」
アルヴィング「もう勝手にして。」

泡も出るし、洗濯機だよね。

【雑記】
ついにパソコンをXPから7にアップグレードすることになりました。
データの退避もとりあえず出来た感じです。
セーブデータちゃんと戻せるか分かりませんが、とりあえずシム達が生きていれば
いいかな・・・と。
だめだったら似せて作るか・・・

でんでけででんでけで・・・(お馴染みBGM)
シニガミ「ふははは・・・次は貴様の番だ!データそのものを消してやる。」


ジャック「じょ、冗談じゃねぇ!!ってなんだ・・・石造じゃん!」
兄貴の顔がいつも以上にヤバイ。
はい。ここ実はサンセットバレーです。
この一週間、データ整理してたのになぜか新たにセーブデータ作って遊んでました。


ジャック「いつかてめぇにメテオ隕石降らせて粉々にしてやる。」
いや、そんな魔法ないでしょ!

弟は笑顔が好きなんですが、
兄貴はたまにするこんな挑発的な顔が好きです。


シニガミ「者どもかかれ!!」
ジャック「え・・・マジ・・・?」



そいえば、先日の半額セールでショータイムとシーズンズを買いました。
サンセットバレーでプレイしようかなぁ・・・と考えていたり。
夕焼けがこんなに綺麗だとは気付きませんでしたよ。


あぁぁぁ・・・データ移行ちゃんと出来ますようにー!><;


シムズ3 ムーンライトフォールズ : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :
共同墓地の中心で死を嘆く
JUGEMテーマ:ザ・シムズ3

Originのゲーム半額セール始まりましたね。
19日までのようです。

私は近々XPの環境から7の64Bitに移行します。
昨日は自作パーツを相方に色々と選んでもらい、あとは組立てとセットアップのみとなりました。
環境を変えて今のデータちゃんと移行できるか少し不安ですが、
今のうちに欲しい拡張パックを買ってしまおうかと考えています。
半額って安いですよね。

 
さて、前回食洗機を修理させてて兄貴が感電死から戻ってきましたが
ちょっとまたシニさんにお会いするのは嫌だなぁ・・・と思いましたので
素直に業者の人を呼びました。

死の花も勿体無いですしね。
業者「コレは酷い。漏電の恐れもあるな・・・」


〜 一時間後 〜

ジャック「業者さーん!修理終りましたか?って・・・え゛ぇー!?
こういうときは研修医時代に学んだ心配蘇生法ってやつだ!!」

心配ってなんか違うぞ・・・ちゃんとやれ!!


_人人 人人_

> 突然の死 <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄

でんでけででんでけで・・・♪(お馴染みのシニガミ登場BGM)

シニガミ「また会ったなジャック。」
ジャック「げ・・・シニガミ・・・」


シニガミ「今日は貴様に用は無い。」
ジャック「分かってるけどさ。そんな人の魂を奪ってあんた・・・ろくな死に方しねぇよ。」
シニガミ「我輩は既に死んでいる。それより貴様、何ゆえ寝巻きに着替えたのか・・・」
ジャック「そこ突っ込むところじゃねぇし!」


あぁぁぁ・・・・とても嫌そうな顔・・・。

ほんと、命乞いしてるシムを見ると助けたくなる・・・

そうそう。
シニガミをクッリックすると、○○の命を懸けてチェス対決をするって
出るんですが、すぐシニガミさん帰っちゃうんですよ。
どなたか成功した人は居ないんでしょうか?

ちなみにうちの世帯は倫理学はMAXですが、全くチェス対決とかさせたことが
ないんですよね。できても負けちゃう。



業者の方はそのまま冥界へと連れて行かれてしまいました。
仕方がないので、もう一度別の業者に修理を依頼したところ、食洗機は直りましたが・・・

業者とはいえ、人が死ぬのはなぁ・・・

お墓無いかなぁと思って墓地へ来たんですが、ホームレスシムのお墓は
無い模様です。
とりあえず、嘆いておいてもらいました。

ジャック「今日の犠牲者、修理業者の名前忘れた何とかさーん・・・・」


ジャック「あんたの事は忘れない・・・」


ジャック「名も無き修理業者のシムここに眠る。ぐすん・・・って、ここ誰の墓だよ・・・・」



【おまけ】

チーター「ちょっとあんた!私お腹減ったんだけど!」
シニガミ「ではコレを食べると良い。冥界でも今流行の菓子だ。」
チーターがシニガミからおやつを与えられていました。

シニガミさん良い人ですね。


シムズ3 ムーンライトフォールズ : comments(0) : trackbacks(0) : カトリーヌ :